生態学や保全生物学、社会科学のいくつかの学問分野において、動植物や人間の個体群の構造を静的ならびに動的に把握することの重要性が認知されることがある。数理的な取り組みから学ぶことは、個体群の静的、動的構造を原理から理解するための適切な方法である。デモグラフィー(Demography)は、そうしたことを体系的に扱う学問領域である。
 このワークショップでは、高校で習得した数学と少々の大学レベルの数学の知識を思い出し、あるいは新たに学習しながら、デモグラフィー に入門するための勉強をします。


担当:西村 欣也 (北大)

  • 「デモグラフィー」を超やさしく学習する。            2020年12月13日 (日) : 10:30 - 17:00   講義スライド
  • 過去の人口データを用いてHuman-demographyを学習する。    2020年12月20日 (日) : 10:30 - 17:00   講義スライド

  • 実習用app (必須) Download                                     教材1   教材2

担当:高田壮則 (北大)

  • 集団生物学の行列モデル発展編:生育段階構成モデルとその基本統計量。   2021年 1月24日 (日) : 10:30 - 17:00
  • 超発展編:様々な応用(マルコフ行列・分集団モデル・生命表反応解析など)。 2021年 1月31日 (日) : 10:30 - 17:00

   詳しくは

担当:高田壮則 (北大)・Richard Shefferson (東大)

  • 密度依存的行列モデル (集団動態および進化)                高田壮則       2021年 2月後半
  • Lefko3(個体の成長履歴が集団動態に与える影響を検出するソフト)の解説 Richard Shefferson 2021年 2月後半